ツール

TOOLS

RTPatch

バイナリ差分アップデートツール
世界でもっとも使われている商用バイナリ差分アップデートツール

アップデート時の新旧ファイル・データの差分をパッチとして作成・配布。オリジナルデータから最大99.9%までファイルサイズを削減し、配信コスト、アップデート時間を大幅に削減・短縮します。

差分によって作成された小さなファイルサイズのデータ配布で、サーバ負荷を削減し通信時間を短縮します。またアップデートに伴うメディア作成・配布や、それに関わる人的・物理的コストも削減できます。

機能と特長

RTPatchの7つのすぐれたポイント

RTPatchは全世界500社以上でその高い機能と安全性を評価され、様々なニーズに合わせてアップデートツールとして採用されています。

RTPatch特長

Build(作成)とApply(適用)2つのステップでパッチ作成

RTPatch機能

差分パッチ適用の特殊機能

RTPatch機能

導入事例

全世界で500社以上に選ばれています

RTPatchは全世界500社以上でその高い機能と安全性を評価され、様々なニーズに合わせてアップデートツールとして採用されています。

世界的にはアメリカ航空宇宙局のスペースシャトルのソフトウェアプログラムのアップデート、アメリカ海軍とアメリカ沿岸警備隊のデジタル航海図のアップデートや、大手アンチウィルスメーカーの定義ファイルのアップデートほか多数の導入実績があります。

その差分ファイルの高い縮小率やアップデートを安全で確実に行えることから、日本では特にカーナビゲーションシステム、宅配便用のハンディターミナル、ネットワークプリンタのアップデートなど、組込み端末のソフト・データのアップデートツールとして多数採用されています。

RTPatch導入事例

対応プラットフォーム

様々なプラットフォームに対応します

パッチ作成元(Build) パッチ配布先(Apply)
Windows版 Windows Windows(16-bit/ 32-bit/ 64-bit), MS-DOS
Linux/ UNIX版 Windows, Linux Linux, UNIX
Embedded VxWorks版 Vx Works
Windows Embedded版 Windows Embeddedファミリ
Embedded Linux版 Embedded Linux
Android版 Android OS(1.5以降)
Mac版 Mac OS X(Leopard/ Lion/ Mavericks/ Yosemite) Mac OS X(Leopard/ Lion/ Mavericks/ Yosemite)
スモールリソース版 Windows 55KB以上のメモリを持つターゲット


ページトップへ戻る

製品・サービスの資料請求・お問い合わせはこちら