Armプロセッサベースの統合開発環境

TOOLS

Arm

 

無償評価用ライセンス提供中   


お申し込みはこちら

Topics

ニュース  
    Arm Development Studioの取り扱いを開始しました



概要

Armプロセッサベースの統合開発環境

ArmDS(Arm® Development Studio)は、大規模なSoCや小規模なマイコン向けに利用できるArmプロセッサベースの組込みソフトウェア向けの統合開発環境です。

Cortex™-A /R/M series、Arm7™、Arm9™、Arm11™プロセッサから最先端のArmv8 アーキテクチャなど全てのArmプロセッサに対応し、最新テクノロジーを利用してソフトウェア開発を最適化できます。



※クリックすると拡大画像が表示されます。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

システム要件

Arm Development Studio
・CPU   : 2GHz以上
・メモリ   : 4GB以上
・ディスプレイ   : 1920×1080以上
・ディスク容量   : 6GB以上、Cドライブに最低2GB以上の空き容量必要
・サポートOS   : Windows10 (64 bit), Red Hat Enterprise Linux 7 Workstation(64 bit)
      Ubuntu Desktop Edition 18.04 LTS(64 bit)
Keil MDK
・CPU   : 2GHz以上
・メモリ   : 4GB以上
・ディスプレイ   : 1920×1080以上
・ディスク容量   : 5GB以上、Cドライブに最低2GB以上の空き容量必要
・ネットワーク   : 2Mbps以上の高速インターネット接続(ソフトウェアクティベーションや製品アップデートに必要)
・サポートOS   : Windows10 Home/Pro/Enterprise/Education (64 bit/32 bit)

ページトップへ戻る

ライセンス体系

Arm Development Studio/Keil MDK
・種類   : ノードロック/フローティング
・期間   : 年間/90日間

Arm DS-5
・購入制限がありますのでお問合せページからご相談ください → お問合せページはこちら    


INDEX

ページトップへ戻る

製品・サービスの資料請求・お問い合わせはこちら