RISC-Vマルチコアモデル対応 高速シミュレータ

TOOLS

Imperas

 

1ヶ月の無償評価用ライセンス提供中


お申し込みはこちら


概要

RISC-Vマルチコアモデル対応 高速シミュレータ/仮想プラットフォーム

Imperas社は、仮想プラットフォームを高速にシミュレーション可能なハードウェア/ソフトウェア協調シミュレータを開発・提供しています。仮想プラットフォームとは、マイクロプロセッサや周辺デバイスを含んだHWプラットフォームを、シミュレーションにより仮想化した物を示します。 実機相当のハードウェアのシミュレーションにより、実機レスでの組込みソフトウェア開発、および試験の自動化等が実現可能となります。また、仮想プラットフォーム上でターゲットバイナリを実行することにより、実機では観測が困難なソフトウェアの挙動やHWの内部信号等の見える化も可能となります。



※クリックすると拡大画像が表示されます。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

製品ラインアップ

ページトップへ戻る

システム要件

・CPU   : 2GHz以上
・メモリ   : 4GB以上
・ディスプレイ   : 1920×1080以上
・ディスク容量   : 1GB以上、Cドライブに最低2GB以上の空き容量必要
・サポートOS   : Windows10 (64 bit/32 bit), Linux(64 bit)

ページトップへ戻る

ライセンス体系

・種類   : フローティング
・期間   : 年間ライセンス
・評価版   : 1ヶ月の無償評価用ライセンス提供中  → 評価申し込みはこちら

ページトップへ戻る

関連資料

以下より、リーフレットをダウンロードいただけます。

RISC-Vマルチコアモデル対応高速シミュレータ

以下より、RISC-V Days Tokyo 2022 Spring/Autumnの講演資料とデモ動画をご覧いただけます。

講演資料(RISC-V Days Tokyo 2022 Spring/Autumn)

【資料ダウンロード】RISC-V Days Tokyo 2022 Spring
【資料ダウンロード】RISC-V Days Tokyo 2022 Autumn

デモ動画


Imperas社RISC-Vシミュレータ上でのZephyr OSの
ブートとアプリのデモ

ImperasDVを活用したRISC-Vプロセッサハードウェア
設計検証環境



オンデマンドウェビナー

Imperas社の高速RISC-V命令セットシミュレータのご紹介  
Imperas社の高速RISC-V命令セットシミュレータの活用事例

本ウェビナーでは、独自のプロセッサIP開発で業界をリードするエヌエスアイテクス社より、Imperas社のRISC-Vシミュレータの具体的な活用事例を解説します。ソフトウェア開発者およびハードウェアIP開発者の両方の方にご視聴いただける内容となっています。

>>お申し込みはこちら



関連ブログ

以下のリンクからブログ記事をご参照いただけます。

関連ブログ  



INDEX

ページトップへ戻る

製品・サービスの資料請求・お問い合わせはこちら