microTRACER連携オプション

TOOLS

Ansys medini analyze

 


連携コンセプト

  • ・機能安全やサイバーセキュリティ対応と実開発の成果物がトレーサビリティを確保することで影響範囲分析が容易となる
  • ・システム / ハードウェア / ソフトウェア開発者が横軸として情報を共有することが難しい点をトレーサビリティが確保できる
     ことで開発の効率化に寄与する
  • ・機能安全分析ツールとしてOEM/Tier1企業様にご使用いただいている”Ansys medini analyze”が2020年にサイバーセキュリティ対応
     をリリースし、これからソフトウェア開発担当者に多くお使い頂ける環境として、業界で一番使用実績のあるmicroTRACERと
     連携できることでエンジニアリソースを大幅に削減可能



※クリックすると拡大画像が表示されます。

ページトップへ戻る

連携イメージ

全体構成の設定

  • ・各フェーズの全体構成を設定
  •  ・Safety/Security分析:Ansys medini analyze間のトレーサビリティ情報
  •  ・実設計領域:Excel間でのトレーサビリティ情報



※クリックすると拡大画像が表示されます。

ページトップへ戻る

トレースタグの設定

  • ・トレース元:Ansys medini analyzeで設定したデータ
  • ・トレース先:実設計領域で使用されているエクセルファイル



※クリックすると拡大画像が表示されます。

ページトップへ戻る

単一トレースの実行

  • ・例)アーキテクチャ設計(Ansys medini analyzeで作成)と詳細設計(Excelで作成)のトレーサビリティ結果を表示



※クリックすると拡大画像が表示されます。

ページトップへ戻る

多段トレースの実行

  • ・すべての工程のトレーサビリティを俯瞰的に確認可能



※クリックすると拡大画像が表示されます。

ページトップへ戻る


関連資料

以下より、リーフレットをダウンロードいただけます。

機能安全/脅威分析ツール「Ansys medini analyze」


オンデマンドウェビナー

 
Cyber Security対応に必要な脅威分析の実現に向けて
Cyber Security対応に必要な脅威分析の実現に向けて

機能安全分析で実績のあるAnsys medini analyzeは、Cyber Securityの脅威分析機能が追加され、効率的な実施が可能となるよう現在も継続的に機能強化が行われています。本ウェビナーでは、脅威分析を実施する上で対応が必要なポイントについて、ユースケースを交えて具体的な方法やツール機能を詳しくご紹介します。

>>お申し込みはこちら


機能安全/サイバーセキュリティ対応で必要となるトレーサビリティ確保を簡単かつ確実に実施できる方法を確立  
機能安全/Cyber Security対応で必要となるトレーサビリティ確保を簡単かつ確実に実施できる方法を確立

本ウェビナーでは、DTSインサイト社をゲストに迎え、トレーサビリティ確保で起こっている課題点を明確にし、連携する事による確実性と今後の作業負荷削減をターゲットとして、新機能のコンセプトをご紹介します。

>>お申し込みはこちら



Ansys medini analyzeとmicroTRACER連携機能リリース!機能安全/サイバーセキュリティ対応の影響範囲分析を効率化  
Ansys medini analyzeとmicroTRACER連携機能リリース!
機能安全/サイバーセキュリティ対応の影響範囲分析を効率化

本ウェビナーではDTSインサイト社をゲストに迎えて、機能安全/サイバーセキュリティ対応でのトレーサビリティ確保の苦労ポイントやツールを使って影響範囲分析を容易に実施する方法をデモを交えてご紹介いたします。

>>お申し込みはこちら



関連ブログ

以下のリンクからブログ記事をご参照いただけます。

関連ブログ  



INDEX

ページトップへ戻る

製品・サービスの資料請求・お問い合わせはこちら