サイバーセキュリティ規格対応

TOOLS

Ansys medini analyze

 


アプローチ方法とワークフロー




※クリックすると拡大画像が表示されます。

ページトップへ戻る

資産の特定

  • ・システムアーキテクチャ内の任意のシステムモデル要素を資産として区別可能。
  • ・潜在的なセキュリティ属性の設定が可能。
  •  →基本3要素CIA - 「Confidentiality(機密性)」、「Integrity(完全性)」、「Availability(可用性)」に追加して、
     「Accountability(責任追跡性)」、「Authenticity(真性性)」が設定可能
  •  →プロジェクトの設定でHEAVENS 等にカスタマイズする事も可能。



※クリックすると拡大画像が表示されます。

ページトップへ戻る

脅威分析とリスクアセスメント(TARA)

  • ・特定された脅威は、脅威コレクションに集めて管理が可能。
  • ・各脅威の発生可能性レベル(Likelihoodlevel)は、個々の発生可能性パラメータをベースにして事前見積もり可能
  • ・脅威のリスクアセスメントは、TARAエディタでサポート
  • ・TARAエディタでは、事前見積もりされた発生可能性パラメータが引き継がれ、影響レベルの見積もりが可能。
     またHEAVENSのリスクグラフに基づいて、発生可能性と影響レベルから全体のセキュリティ/リスクレベルを自動計算



※クリックすると拡大画像が表示されます。

ページトップへ戻る

アタックツリー

  • ・グラフィカルなアタックツリーエディタを追加
  • ・既知の攻撃と論理ゲートを組み合わせて潜在的な脅威へとつながる複雑な攻撃シナリオを構築可能
  • ・アタックパスの定性的評価をサポート
  • →トップレベルの脅威/攻撃に至る最小攻撃または脆弱性事象の
     組み合わせをさらに評価する目的でリスト表示する事ができます




※クリックすると拡大画像が表示されます。

ページトップへ戻る

関連資料

以下より、リーフレットをダウンロードいただけます。

機能安全/脅威分析ツール「Ansys medini analyze」


オンデマンドウェビナー

 
Cyber Security対応に必要な脅威分析の実現に向けて
Cyber Security対応に必要な脅威分析の実現に向けて

機能安全分析で実績のあるAnsys medini analyzeは、Cyber Securityの脅威分析機能が追加され、効率的な実施が可能となるよう現在も継続的に機能強化が行われています。本ウェビナーでは、脅威分析を実施する上で対応が必要なポイントについて、ユースケースを交えて具体的な方法やツール機能を詳しくご紹介します。

>>お申し込みはこちら


機能安全/Cyber Security対応で必要となるトレーサビリティ確保を簡単かつ確実に実施できる方法を確立  
機能安全/Cyber Security対応で必要となるトレーサビリティ確保を簡単かつ確実に実施できる方法を確立

本ウェビナーでは、DTSインサイト社をゲストに迎え、トレーサビリティ確保で起こっている課題点を明確にし、連携する事による確実性と今後の作業負荷削減をターゲットとして、新機能のコンセプトをご紹介します。

>>お申し込みはこちら



Ansys medini analyzeとmicroTRACER連携機能リリース!機能安全/サイバーセキュリティ対応の影響範囲分析を効率化  
Ansys medini analyzeとmicroTRACER連携機能リリース!
機能安全/サイバーセキュリティ対応の影響範囲分析を効率化

本ウェビナーではDTSインサイト社をゲストに迎えて、機能安全/サイバーセキュリティ対応でのトレーサビリティ確保の苦労ポイントやツールを使って影響範囲分析を容易に実施する方法をデモを交えてご紹介いたします。

>>お申し込みはこちら



関連ブログ

以下のリンクからブログ記事をご参照いただけます。

関連ブログ  



INDEX

ページトップへ戻る

製品・サービスの資料請求・お問い合わせはこちら